スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

リフレクソロジーの種類

リフレクソロジーの種類には、
中国や台湾で広まった東洋式のリフレクソロジーと、
イギリスを中心に、ヨーロッパで広まった
西洋式のリフレクソロジーが存在します。

東洋式のリフレクソロジーの施術は、
指の関節、棒などの器具を使用して、
とても強い力で行われるのが特徴です。

時には、施術中に激痛を、もたらすこともあり、
痛い部分を、揉みほぐし、刺激を与えることで、
体の不調を、改善することが、できると考えられてます。

この考え方は、東洋独特の「良薬、口に苦し」
という思想がもとになっているようです。

東洋式のリフレクソロジーは、
健康促進を主な目的としており、
治療することに専念されています。

一方の西洋式リフレクソロジーでは、
「痛がストレスになる」という考えのもとに、
非常にソフトに、なでるような感覚で行われます。
※棒などの器具は使わず指の腹のみを使います。

また、健康促進のほか、
リラクゼーションのことも考えられているので、
施術環境もリラックスできるように演出されています。

どちらのリフレクソロジーも、同じ理論もと行われていますが、
東洋と西洋で、考え方の違いが出ているところが、興味深いところです。
スポンサーサイト


リフレクソロジー | 2010-11-06(Sat) 18:55:51 | トラックバック(-) | コメント(-)

Copyright © マッサージ紹介~効果的な疲労回復~ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。